マリザップ体験会参加申し込み!

足が綺麗に見えるヒールの高さ、ご存知ですか?

さて、ツツジの綺麗な季節です。

最近公園や住宅街でも、ふとしたところにものすごく立派なツツジたちが咲き誇っています。

昨日はお茶のお稽古がありまして、その後、先生やお弟子さんたち、そしてお弟子さんが連れてこられた子どもたちと皆でご飯へ出かけました。

すると、お店へ歩いて向かう途中に素晴らしいツツジたちが咲き誇っておりました。

一緒にいた女の子はよく幼稚園のツツジの花を摘んで蜜を吸うんだとか♪

で、「ツツジ綺麗だね」と言っていたら、私が履いていた鮮やかな赤いヒールのパンプスがその子の目に留まったようで、「お姉ちゃんの靴はなんでこんなに可愛いの?ヒール?」と言われました(笑)

なぜ、「ヒール」なんて単語を若干4歳の女の子が知っているのかはさておき、今日は最近読んだ書籍から、ヒールの高さについての、これまで知らなかった新事実を得たので、ここにお伝えしようと思います。

ヒールというと女性の話になってしまいますが、どの身だしなみ系の書籍を読んでも、またマナー講座などに出ても、男女ともに足元、すなはち靴には最高に気を使うこと、と指導されます。

女性の皆さん、身だしなみに大事なハイヒール、どのようなものをお持ちですか?

過去、美しい歩き方のレッスンに出たり、ミス・ユニバースジャパンの指導をされているイネス・リグロンさんのレッスンに出てきて、「できる女性はハイヒールを履きこなすこと」、と教わってきたりしましたが、はてさて、自分の足のサイズに合ったヒールのパンプスを選び、手入れはちゃんとすることはともかく、では‘どの高さのヒールが自分を一番美しく見せてくれるのだろうか?’なんて考えたことはありませんでした。

なんとなく、5〜6cmのヒールが一番楽で綺麗に見えると聞いたことはあったり、もう少し頑張って7〜8cmがベストという話を小耳にしたり、頑張れるものならば10cm!とか聞くことも。

しかし、実際皆それぞれ身長や体型が違うわけで、一概に何cmがいい、なんて決まりはないはずですよね。

と思っていたら、こんな公式に出会いました。

「身長×0.05」

日本人女性の平均身長の158cmで計算すると、

158×0.05=7.9

7~8cmのヒールの靴が最も足が美しく、綺麗に見えるらしいです。

上記の公式は、ポーランドのとある大学が‘脚の長さと魅力の関係について’調査したところ、身長に応じた脚の長さよりも5%長い足が最も魅力的に見えるという研究結果が出たということに基づいています。

日本人女性の平均身長158cmと平均の脚の長さ72.2cmから導き出した公式が上記です。

ただ、脚の長さには個人差がありますし、脚の長い人はもう少し高いヒールでもOK。逆に足が短かったり身長の低い人が無理に足を長く見せようと高すぎるヒールのパンプスを履いても、身長の低さや脚の短さを強調してしまうんですって。怖っ。気をつけましょう。

無理して高さのあるヒールを履かなくて良いので、合ったものを選びましょうね。

また、全体的にふっくらめの方や、足が太めの方は、ピンヒールよりもある程度太いヒールの方が無難だそうです。最近はチャンキーヒールなんかも流行っていますし、いいかもしれませんね。

あ、思い出してしまった。

昔、弟の当時の彼女が身長が低いことをコンプレックスにして、やたらとヒールの高いパンプスをいつも履いていて、なんだか落ち着かなかったことを。。。

人のことはともかく、私もちょっと上記を参考に、靴の整理をしてみようかな、なんて思います。

もちろん、常にヒールを履いていろというわけではありません。

通勤時に上質の高さのあるヒールは歩きづらいだろうし、満員電車内で踏まれたらたまりません。時々、混み合う電車の中でお気に入りのパンプスを踏まれて残念な思いをすることもありますからね。

職場に合う高さの勝負パンプスを常備しておいて、お客様対応や外出の時間だけ履いていくのでいいでしょう。最近はスニーカーも流行っているし、使い分けが大事ですよね。

私も、いくら綺麗に見えるからといって、ずっと高さのあるヒールを履いていると疲れてしまうので、司会の仕事の時などは、その時だけパンプスを履き替えて、綺麗に見せるようにしています。

そうそう、ヒールヒールと述べてきましたが、何より注意していただきたいのは、ヒールを履いている時の歩き方です。

「日本人はヒールを履きこなせていなくて歩き方がみっともない」と外国の方から酷評されがちですが、本当にそう思います。

せっかく自分に合った素敵なヒールを履いていても、がに股だったり、姿勢が悪かったり、膝がずっと曲がっていたりと、正直残念な人たちをよく見かけます。

ヒールをせっかく履いてシャキッとした気持ちになるのですから、お腹をキュッと引きあげて、姿勢良く颯爽と一本の線の上を行くように、少しいつもより大股くらいの気持ちで歩いてみてください。随分変わりますよ。

歩き方のレッスンも希望があれば致します♪

何も、見られているのは直立不動の時だけではなく、歩いている時や動いている時の方がむしろ多いわけですから、自分に合った素敵なヒールで、どうせいなら綺麗に歩けるカッコイイ女性になりましょう♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です