マリザップ体験会参加申し込み!

「見た目が若いは、武器になる」!?八藤浩志さんに学ぶ

みなさん、ゴールデンウィーク明けの今週も、金曜日になりましたね!

よく頑張った!!

無事にお過ごしでしょうか?

5月病??

NO THANK YOU!!

天気は不安定ですが、元気に週末を迎えましょう!♪

さて、こちらの本、ご存知でしょうか?

先週手に取り読んだばかりなのですが、

なんというご縁か、早速今週著者の八藤さんにお会いするチャンスがあり、

お会いしてきました!

 

最初に本を手に取った時は、

「こ、この人は・・・誰??」

と、実年齢よりはるかに若すぎる写真を不審に思ったのですが(笑)

 

本を手に取り開いてみると、

いやいや素晴らしい意識へのアプローチや、

健康的、すなはち若く見られるメソッドが具体的に載っているではありませんか。

 

そして、実際に著者の八藤さんにお会いしてみると、

写真よりもさらにお若いですし、

とても気さくで真面目なジェントルメンでございました♪

 

素敵な出会いとご縁に乾杯です!

 

で、、、この本には、

八藤さんが、死ぬほど働いて壊した身体と手放していた健康に真っ向から向き合って、

生み出された数々の健康への実践方法が記されています。

その中でも特に印象に残った点が3つあります。

① 姿勢が悪いと5歳は老けて見える

② 意識次第で老けない

③ 白湯の効果

 

さあ!どうしたらいいのか!

気になる方はスクロールを!!

 

① 姿勢が悪いと5歳は老けて見える

ですが、やはり姿勢が悪いといいことはないのです。

猫背で肩が体の内側に入り、顎が前に出ていてお尻が引けている・・・。

これでは、いくら素敵な服を着てメイクもばっちり!にしていても、

覇気がありません。

人間は横からみたシルエットが丸いと、

それだけでかなり老けて見えるそうです。

確かに。。。

さらに、恐ろしいことに、これまでも何度も述べていますが、

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」という通り、

形から入ると脳が騙されて形の通りに心がセットされるんですね。

つまり、姿勢が悪いと見た目の問題だけではなく、

心にも悪影響を与えてしまうのです!

きゃー!

そして、周囲の人には「疲れていそう」「やる気がなさそう」など、

ネガティブな印象を与えてしまいます。

表情で言うと、顎が前に出てしまっていると、口が開きやすく、

だらしのない表情になってしまいます。

こんなんでは、残念ですよね。。。

そして、姿勢が悪いということは、

腹式呼吸もちゃんとできませんし、

相手に届くいい声で人とコミュニケーションをとることもできません。

姿勢が悪いだけで、どれだけの悪循環を生んでいるか。

姿勢が気になる方は、今すぐ直しましょう!!

まずは、以前にも載せましたが、正しい姿勢がすぐにわかる、

こちらの膝立ちからトライしてみてくださいね♪

② 意識次第で老けない!

というのは、あなたも心当たりがありませんか?

なんと、八藤さんは現在53歳になられたところなのですが、

なんだか私と同年代にも見えますし、

実際ご自身は永遠に「38歳」であると決めているそうです。

 

もちろん、人によってどの年齢がフィットするかは違いますが、

八藤さんは「38歳」が最もしっくり来る年齢なのだそうです。

 

その「マイ・ベスト年齢」を意識することで、

見た目にも当然影響が出てきますし、

心が何せ若いので、「いつもイキイキとしている」と言われるようになったそうです。

 

「老け込む」というのは、

見た目よりもマインドが原因であることの方が往々にして多いということで、

まずはお金もかからずにできる、「マイ・ベスト年齢」を決めることから、

若々しい見た目にアプローチしてみるのはいかがでしょうか!?

 

ちなみに、私は永遠に27歳だと思っています(笑)

 

痛い!と思ったそこのあなた!

私のことはいいから、とっとと「マイ・ベスト年齢」をお決めください(笑)

 

で、ですね。

この意識の点で納得したのは、

私は八藤さんのマイ・ベスト年齢を知る前から、

同じように?実年齢を気にしたことが全くなかったのです。

 

少しは気にしろ、という声もちらほら出てきそうですが、

現在私がよく接している身近な人たちは、

20代前半から30歳前後と若い仲間たちが多いのですが、

特に違和感もあまりなく、楽しく過ごしています。

 

そして、20代前半の友達からは、

私の実年齢は「ありえない!」とよく驚かれます。

そうなんです、おそらく私が実年齢より若く見られるのは、

年齢を気にしたことがないからなんです。

 

つまり、ストレスが「年齢」という概念に全くかかっていないのです。

 

ちゃらんぽらん、、、とも言うかもしれませんが。。。

年齢を気にしないって、若くいられる秘訣だな、と実際思うのです。

 

とはいえ、そもそも若く見られることになんの意味が!?

と思ったそこのあなた。

 

要するに、若くいるということは、

エネルギー=活力に満ち溢れているということです。

 

エネルギーに満ち溢れているということは、

見た目も若くいられるということです。

 

エネルギーに満ち溢れているということは、

いつまでもチャレンジし続けられるということです。

 

素晴らしいことではありませんか?

意識と身体は相互に影響しあっています。

 

いつまでも前向きに人生を楽しむために、

心も体(見た目)も若く在るって、

とてもハッピーなこと、というわけです♪

 

③ 白湯の効果

朝起きたら一杯の水を・・・など、聞いたことありませんか?

白湯だとなお良いみたいですね。

内臓を温め、代謝を上げて排泄を促してくれると。

 

さらには、体温が1度上がると寿命が延びるだの、病気にならないだの、

聞いたことありませんか?

 

まさにその通りだそうで、

白湯を飲む習慣を身につけて内臓の温度を1度上げるだけで、

基礎代謝がなんと10%もアップするそうです!

 

これで、同じ生活をしていても、

脂肪が燃焼されやすく、消費エネルギーも増え、

ダイエットにも効果的ってわけです♪

 

私は毎朝白湯にはちみつを溶かしたものを摂っていますが、

これを続けていると、風邪をひかなくなりましたね。

 

ちょっと風邪気味?と思っても、回復力が半端ないので、

特に心配いりません。

はちみつと白湯の相乗効果だと思っています♪

 

まとめ

長くなってしまいましたが、

健康でいるということは、

意識も前向きで若くいられるということ。

 

気持ちが前向きだと自ずと見た目も若くいられるということ。

つまり、いつまでも元気で長くいられるということです♪

綺麗な姿勢で気持ちのいい発声とコミュニケーションを♪

Lalovoiceサロン勉強会

明日、5月12日よりスタートです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です