マリザップ体験会参加申し込み!

見せ方で相手の記憶に残れ!~忘却曲線とメラビアンの法則復習~

第2回Lalovoiceサロン勉強会開催しました!

 

なんと、今回は長野県からお越しくださった方がいらっしゃいました!

嬉しい限りです!

感謝感激・・・!!!

 

さて、本日のテーマは「見せ方で相手の記憶に残れ!」です。

 

1.忘却曲線

 

これまで、メラビアンの法則については何度か触れてきましたが、

「忘却曲線」についてはご存知でしょうか?

 

実は、初めてメラビアンの法則と併せて

第2回Lalovoiceサロン勉強会では触れました。

 

簡単に申しますと、

‘復習しない限り、どんどん忘れていきますよー。

それも、想像以上のスピードで!‘ということです。

 

聞いたことや学んだことを、20分後には42%忘れていて、

1時間後には56%忘れ、

1日後には74%を忘れ・・・。

 

あらま、これはなんと残念な事実でしょうか。

 

この「忘却曲線」は、

心理学者のヘルマン・エビングハウスさんが提唱した研究結果です。

参照 URL: http://www.nextglobaljungle.com/2008/12/post_373.php

 

復習をしっかりして身につけていけば、

ここまで激しく忘却していくこともないようですが・・・。

 

やはり、忘却曲線が落ちていくのを止めるくらい、

良い印象を相手の記憶に残させたいものですよね。

すぐに、そして長期的に。

 

そこで改めて「メラビアンの法則」です。

 

2.メラビアンの法則

話す、伝える、講演する、教える、歌う、しゃべる、、、

相手に言葉を使って伝える行為をする際に、

何より大事なのは、「話し方」「見せ方」です。

 

メラビアンの法則からもわかるように、

93%は「いかに見せるか」ということです。

 

相手に好印象を植え付けるための

「見た目」55%・・・姿勢、表情、清潔感、服装、態度、所作、etc…

「声」38%・・・・・トーン、質、通り、表情、大きさ、響き、安定感、etc…

 

これらをマスターすることが、好印象を相手に持ってもらうための鍵です。

 

先日、セミナーで講師を時々される方が、

「声がうまく使えず2時間もセミナーをしていると枯れてしまうので、

これからはマイクを使おうかと考えている」

とおっしゃっていた内容について、

NGを出した記事を前回のブログに載せました。

 

マイクは使ってもOK。

しかし、そもそも声が通らない、2時間で枯れているということは腹式呼吸が出来ていない。

 

基礎ができていないのに、マイクを使っても声はマイクに乗りません。

無意味です。

 

腹式呼吸を正しく身につけるためには、

正しい姿勢を身につけることから始まります。

そこで初めて良い声を作るための発声練習ができます。

 

上記の基礎を身につけるだけでも、

見た目のシャキッとした正しい綺麗な姿勢による美しさと、

良い声が手に入ります。

 

これだけで、

おおよそメラビアンの法則を占める「見た目」と「声」の合計93%のうち、

70%くらいはクリアできるのではないでしょうか。

 

残りの約2割は、

見た目の要素である表情や、服装、所作を身につけたりすること。

 

そして、声の要素である「滑舌」を体得すること。

 

これらをクリアすれば、まず好印象を相手に残すことができるでしょう。

 

 

まずは「マリトーク・話し方大学」からご一緒しましょう♪

基礎の腹式呼吸と発声練習だけは欠かさず取り入れますが、

毎回内容を一部変えて取り組んでいます。

 

初回参加者は無料で、2回目以降の参加者は参加ごとに1000円の参加費のみです♪

 

次回は6月3日に開催します!!

 

あなたに会えるのを楽しみにしています♪

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です