マリザップ体験会参加申し込み!

眠れない夜は、恋だけでいい

突然ですが、これまで、もうダメだと思ったことや、

行き詰まって二進も三進もいかなくなったり、

見えかけていた希望に対してどう行動を起こしたらいいかわからなくて、

どうにかしたいけど、どうしたらいいか今一歩わからなくて勇気が踏み出せなかったこと、

誰かに背中を押してもらいたかったこと、

ありませんか?

最近、私の周りで転職する人や、独立する人、

環境を変えてチャレンジしようとしている仲間たちがたくさんいます。

ただ、皆、意気揚々と次のステップに進んでいるわけではなく、

希望がありながらも、たくさんの不安や葛藤と戦いながら進んでいます。

私は、テレビ局のキャスターを辞めて、フリーに転身する時に、ものすごく悩みました。

ずっと夢だったスポーツキャスターにやっとの思いでなったのに、

何故辞めなきゃならないのか。

もちろん、誰も辞めろとは一言も言っていません。

しかし、どうしても次のステージに挑戦したくなってしまったのです。

ただ、テレビ局を辞めてまで?

夢だったスポーツキャスターを辞めてまで?

え?新しい道に挑戦することは正しいことなの?

と、自分自身の中で夢だった場所から離れて

新しい場所へ挑戦しようだなんて意識が芽生えたことにとても戸惑っていましたし、

それでいいのか悪いのか、とても悩みました。

ただ、一度「やってみたい」「挑戦してみたい」と思った気持ちを

帳消しにすることってできないんです。

挑戦しないとずっとどこかで心にしこりが残ったまま引きずります。

忘れたふりをしても、次第に今度は挑戦しなかったことへの後悔の念が生まれるでしょう。

そんなのは、、、嫌でしょう?

とはいえ、やはり当時の私は思い切り誰かに背中を押してもらいたくて、

オロオロしていました。

そして、ついには背中を押してもらいたい相手に会いに

東京まで休みをとって戻ってきました。

その人は私が生涯尊敬する方なのですが、

こう言ってくれたんです。

 

「挑戦しようと思ったということは、その時期が来たということです。動く時が。

もう、思いを消して過去に戻ることはできないでしょう?」と。

 

なんと心強いお言葉でしょう。

そうか、今こそ挑戦の時が来たのね、と、不安よりも希望が湧いてきました。

ただ、私が、

「でも、、、これで挑戦して失敗したら、一体夢だった場所を捨てて何をしてるんだかってならないかな?テレビ局を辞めてまで成功できるかな。。。」

と、戸惑っていると、

 

「挑戦すること自体が成功ですよ。今までだって色々乗り越えてきたじゃないですか。麻里子さんならできます。大丈夫。」

と、背中を押してくれました。

 

肩の荷がスッとおりました。

そして、こんなに励まされることはないなというほど嬉しくて、心の底から希望に満ちたエネルギーが溢れてきました。

‘そっか、今私が動こうとしていることのすべてに無駄なことなんてないんだ。挑戦していること自体が成功だから、怖いことなんて何もないんだ。’

そう思えて、とても前向きになれたんです。

今でも、何かに戸惑う時や迷った時は、大事にしまってあるこの言葉を思い出しては、

自分自身に発破をかけて前進するエネルギーに換えています。

だから、何かに挑戦しようとしているけれど、足踏みしているすべての人に、

上記の言葉を今度は私から送ります。

 

「挑戦すること自体が成功」です。

 

何かに向かって変わろうという意識が芽生えたあなたは決して間違ってなんかない。

何かに挑戦しようとしているあなたは決して間違ってなんかいないんです。

周りはあれこれ言うかもしれませんが、皆、無責任です。

挑戦しているあなたが羨ましくてあれこれ言ってくるドリームキラーなんて放っておきましょう。

あなたは間違ってなんかいない。

もし、自分に自信を持ちたい、変わりたい、第一印象で必ず相手の心を掴んで、もっともっとたくさんの人と繋がれるようになりたい。

こう、少しでも感じているのであれば、ぜひご一緒しましょう。

一生使える「第一印象」を作りあげるためのノウハウを、私のこれまで磨き上げてきたスキルであなたに伝授します。

まずは1DAYレッスンで、その効果の一端を感じてみませんか?

http://page.marikoikeda-lalovoice.tokyo/pages/1797140/blog

変わりたいのに踏み出せずに、眠れない夜を過ごすのはもうやめてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です